プロテクティブスニーカー(JSAA規格)とは何?

プロテクティブスニーカー(JSAA規格)とは

 

JSAAにおける基準

日本プロテクティブスニーカー協会(略称:JSAA)が制定するJSAA規格とは、「一定の安全基準や耐久性」に満足できる製品の提供を目的としたJIS規格に準ずる業界標準規格です。

安全靴と同様に「足を守る」安全機能は備えていますが、甲被に人工皮革やビニルレザークロスを使用しているので、牛革素材の使用を義務付ける「安全靴」のJIS規格の対象にはなりません。
その分、革製品では表現できないカラフルでスタイリッシュなデザインが多く、メッシュ等のムレにくい素材や反射材など、様々な材料を使用して性能を向上させています。また、耐滑性に優れたものや静電機能が付いたものも開発されており、安全面についても考慮されています。
また、革製品であっても、JIS規格に認定されていない海外工場などで生産された場合は、JIS合格の安全靴にはならずプロテクティブスニーカーの扱いとなります。

JSAAプロ・スニーカー推奨制度
一定の安全基準を満たしたプロテクティブスニーカーは(社)日本保安用品協会の認定マークと(社)日本保安用品協会とJSAA両協会の推奨品マークを表示していますので、安心してお買い求め頂けます。この推奨品の表示のある商品は、安全性・耐久性の一定の基準を満たした商品となります。