JIS規格とは何?

JIS規格とは

 

日本工業規格(JIS)における基準
JIS規格(JIS T8101)において合格し、規定された安全性を満たした靴を安全靴と呼びます。具体的には、着用者のつま先を防護するための先芯(鋼製ないし樹脂製)を搭載し、滑り止めを備える靴とされています。また甲被が牛革製又は総ゴム製に限られています。各項目の安全性能が数値的に定められています。
日本工業規格(JIS)における区分
【JIS T8101安全靴】 「主として着用者のつま先を先芯によって防護し、滑り止めを備える靴」と定義されています。
【JIS T8103静電気帯電防止靴】 人体への静電気帯電のために起こる爆発、火災のような事故及び災害、ならびに製品の汚れなど生産への悪影響を防止するために、工場などで働く作業者が使用する靴についての規格です。
甲被による種類
【革製】 天然の牛革をクロム等でなめしたもの。革の厚さや性能についても基準があります。
【総ゴム製】 耐油性のあるものとないもの。ゴムの厚さや性能についても基準が設けられています。漏れ防止性の試験をクリアしなければなりません。